投資初心者が取り組むべき投資商品についてのあなごの見解

こんにちは、あなごです。

このブログはブログ訪問者の方に投資商品を勧めることはしていないのですが、まだ投資を始めていない頃の自分に対してどのような商品から始めるのがよかったかについて書いてみたいと思います。ちなみに自分が始めたのは、つみたてNISAで投資を始めたので、その頃は毎月5,000円程度から始めています。なので、ここでも毎月5,000円程度で始められるものを想定しています。

個人的には以下がよいのではないかと思っています。

  • ネオモバイル証券のS株(単元未満株)投資 毎月5,000円以内で銘柄選択し購入するもの
  • LINEスマート投資のワンコイン投資 毎週1,000円で自動売買するもの

それぞれについての説明ですが、ネオモバイル証券のS株(単元未満株)投資とは、1単元100株の株式投資ではなく、1株からの単元未満の株式の購入が可能な投資で、単元未満であるため株主総会での議決権等はないものの配当金や売買時の譲渡益は得ることができる株式投資を指します。ネオモバイル証券では、株式の売買にTポイントが使用でき、月会費220円を支払うと、期間限定のTポイントが200ポイントもらえるため、実質的な株式の売買手数料を可能な限り抑えることができます。もちろん毎月際限なく株式の売買ができるわけではないですが、初心者であれば上限の50万円を超えることはないのではないかと思います。

一方LINEスマート投資のワンコイン投資とは、投資目標に対するリスクと毎回の拠出額や投資頻度を設定すると自動的に投資対象の配分比等を自動で決定し、決められた頻度で毎回同額を投資するものです。投資対象は米国上場投資信託です。株式等に投資する際には、株式、債券、不動産、コモディティ(金)のような区分や株式、債券、不動産については、米国のみか先進国、新興国などの分類もあり、目指すべき投資目標と取ることができるリスクに応じて多様な配分比が実現できます。そのようなものをポートフォリオと言いますが、それをワンコイン投資では自動で決定し、あとは放置していると自動的に取引してくれて、成績を報告してくれるものです。なお、現在わたしの場合は毎週500円を投資しています。

まずネオモバでの投資のメリットについては以下のように考えました。

  • 少額で国内株式への投資を始められること
  • 株式売買の手数料負担がほとんどないこと
  • 東証の全銘柄に投資できること
  • リアルタイムでの売買ではないため、投資にのめり込みにくいこと
  • 多種類の株式に投資できるため、価格変動を感じられ、投資信託投資に比べると楽しみがいがあること
  • 投資に習熟してきたら、東証ETFで米国株投資、オーストラリア不動産投資にもチャレンジできること
  • 日本社会全体、世界経済の流れを感じやすくなること

デメリットとしては以下のように考えました。

  • リアルタイム売買にはならないので、約定価格(売買金額)が思い通りにならないでストレスになること
  • 取引に用いるアプリの出来が悪いので投資判断がしにくいこと

以上のようになりました。あと個人的にはスマフォアプリの出来がひどく悪いので実際に取引を始める際には楽天証券などにも証券口座は開設しておいて四季報などの株式情報が得られるようにしておいた方がよいと思います。

次のLINEスマート投資のワンコイン投資のメリットについては以下のように考えました。

  • 毎回決まった金額で積み立てによる投資ができ、積み立てにかかる入金手数料が無料で、積み立て金額も低いこと
  • 投資において想定するリスクに対して自動的に投資対象の資産配分を調整してくれること
  • 上記に加えて、投資対象の価格変化に対して自動的にリバランス(資産配分の自動調整)をしてくれること
  • 他のロボアドに比べて取り扱っている案件が多いため、米国ETFについて知る機会が多いこと
  • 世界経済の流れを感じやすくなること

デメリットとしては以下のように考えました。

  • 信託報酬として投資資産総額に対して毎年1%支払う必要があること
  • 入金手数料はかからないが、出金手数料が300円必要であること
  • 投資信託の中身に関心が向きにくく、飽きやすいこと

以上の内容から、ネオモバイル証券を通じて国内株式の理解を深め、ワンコイン投資を通じて海外株式(米国株式、米国ETF)の理解を深めることで、その後の投資行動に弾みをつけられるのではないかと思いました。

特に投資については景気の上昇局面と下降局面とで、投資を始める時期によっては、濡れ手に泡のように投資に成功する場合もあれば、ひたすら損失ばかり抱え込み嫌な思いをする場合もあります。そのため、実際わたしも上昇局面に入り結果、多額の含み損を抱える形になりました。

しかし、S株投資もワンコイン投資もいずれも非常に安価に始めることができる投資商品であるため、受けるメリットも少ないため投資意欲が過熱しづらく、また損失する金額も大きくなりすぎないので、冷静に投資行動を振り返ることができると思います。実際わたしの場合はその後に個別に購入したVTIなどは米国株式投資のベテランの方も勧める投資対象でもあり、玉石混交の投資市場において適切な投資案件に早めに巡り会う機会が得られるのは非常に望ましいことではないかと考えています。

まだ投資を始められていない方は上記を参考に口座を開設して投資の世界に足を踏み込んでみられてはと思います。

ネオモバイル証券の投資状況については以下を参考にしてください。

life90210.hatenablog.com

LINE証券のスマート投資については以下を参考にしてください。

life90210.hatenablog.com

お読みいただきましてありがとうございます。