OwnersBookへの投資状況 (2020年11月1日)

こんにちは、あなごです。

ソーシャルレンディング界隈では王道なOwnersBookに1件投資(品川区マンション用地第1号第1回)ができました。現在は合計7件に対し、370,000円の投資(うち40,000円は投資待ち)を行っています。総投資額は378,009円(8,009円は未投資)です。

OwnersBookは最近抽選と先着で緩急おり混ぜて募集をかけているように見えます。どちらかというと不人気案件を先着とし、抽選案件に人気のある案件を当てているように映ります。人気というのはフェアではないかもしれません。デフォルトになる可能性が低そうな案件を先着にしているように見えます。ほかにもクラウドクレジット(海外案件)も投資していますが、そちらでも返済遅延が生じているので、デフォルトは言い過ぎかもしれませんが、印象とはそのように感じます。また、それらに利回りの違いがあればある程度理解できるものの利回りにあまり違いがないためなおさらそのように感じます。しかし、実際問題でOwnersBookのウェブサイトには各案件の物件リスクについては以下のような項目を示しています。

  • ロケーション
  • 稼働率単位
  • スポンサークレジット

投資する際には、ロケーションはGoogleマップで調べて確認しています。稼働率単位は説明資料に掲載されているのでそちらで判断が可能です。スポンサークレジットでは貸付する会社や会社の代表取締役の前歴について調べてみています。OwnersBookの案件ではありませんが、取締役で調べるとあまりよくない噂の書いてある案件もあったりで、このような調べ方に一定の効果はあるのではないかと思っています。しかし、このような形でリスク分析を評価してはいるものの、結局のところ、内容的には同程度でもそれでも雰囲気で人気・不人気というのも感じるので、これだけでは評価しきれないなぁと思っています。

とりあえず少しずつ分散投資をすれば、時間をかけて評価を行っていくことができるものの、投資に成功することが少ないため、なかなかそのような評価には至っていません。

そんなわけで現在のソーシャルレンディング全体の投資状況は以下のようになっています。SBIソーシャルレンディングクラウドクレジットで大部分の投資をしています。クラウドバンクも最近は投資しやすい案件が少なくなってきたので、割合を減らしています。OwnersBookはいろいろ扱いにくいところがあるので撤退予定です。LENDEXは利回りが高すぎて怖いのであまり投資はしていません。総額では現金を除くと2,448,546円となっています。

f:id:hatenion:20201101071828p:plain

OwnerBookへの投資状況についての前回の記事は以下からお読みいただけます。

life90210.hatenablog.com

お読みいただきましてありがとうございます。